職人が手間ひまかけたちゃぶ台|木目が独特な雰囲気を醸し出す

男の人

イメージの統一が重要

室内

雑誌を見ていると、素敵なインテリアに囲まれたセンスの良い部屋に憧れることもあります。センスが良い部屋が使い心地の良い部屋とも限らないので、自分の生活スタイルを把握してから取り入れてみましょう。具体的に住みたい部屋をイメージしていくと、どの様なインテリアを設置すると良いか分かってきます。ベーシックで色彩をあまり使わないシンプルな部屋が好みなら、白色やクリーム色で色調を整えましょう。配置するインテリアもシンプルな形を選びましょう。基本がシンプルなので飽きた場合には、少し色を足したり個性的な形のインテリアを足したりすると雰囲気が変わるでしょう。

部屋全体のバランスを良くするには、使う色を3色程度に抑えると良いでしょう。基本となる色をベーシックカラーと言い、全体の7割に使用します。その為、薄い色がオススメです。初心者ならクリーム色やベージュがオススメです。その次にサブカラーという色を決めます。全体の2割程度の色になるので、ベーシックカラーよりも2トーン程度濃い色にすると綺麗にまとまります。最後にアクセントカラーを決めていきます。名前の通り全体のアクセントになる色になるので他の色よりも少しパンチの効いた色にするとコントラストが出て綺麗です。具体的な色で表すと、ベーシックカラーをベージュ、サブカラーをグリーンン、アクセントカラーをオレンジとするとまとまりがある部屋になります。ベーシックカラーは壁紙や床板の色にして、アクセントカラーはインテリアで表すと良いでしょう。